初心者も知っておきたいゴルフファッション

スポーツショップやゴルフ専門店でウエアを買って着て行けば良いんでしょ…と思われる初心者ゴルファーも、ゴルフの服装マナーとウエア、ギア選びのコツを掴んでおくと良いでしょう。

ゴルフの服装マナーを知る

ゴルフの服装マナーを知る

ジャケット

暑い夏やコートを着る冬なら不要なコースも多くなりましたが、名門コースはエチケット員会でドレスコードを設定していて、来場時には必ずジャケット着用というコースもありますのでチェックが必要です。

ウエア

↑これでプレーはいけません…

襟付きシャツはダメとか、シャツの裾をパンツから出したままはダメとか、シャツからアンダーウエアが出てたらダメとか制約が多かったのですが、数年前からは少し変化が出てきたような気がします。

それでもTシャツやジャージ、ジーンズではマナー違反で、良識の範囲内でゴルフファッションを楽しむようにしてください。

ウエアメーカーから発売している服装なら問題ないので、ゴルフ専用ウエア着用をおすすめします。

ゴルフ場来場時にサンダル履きではマナーが良くないので、革靴など服装に合った靴で来場することが必要です。

クラブハウス内に芝や汚れを付けないよう、ハウスに入る前にはプレー前後に限らず靴をきれいにしてから入場しましょう。

帽子

熱中症対策や小雨に便利な帽子。

ゴルフの必需品とも言えますが、キャップタイプやストローハットなど個性を出せて楽しめるアイテムです。

ゴルフ場のクラブハウス内やレストランでは帽子をとるのがマナーです。

ファッションの一環で帽子着用のままの方も多いですが、初心者ゴルファーは覚えておきましょう。

ゴルフはスポーツウエア

テレビのゴルフ中継を見てると一見普通のパンツにポロシャツという、そのまま出勤できそうな姿に見えます。

ビジネスマンとして見ると帽子(キャップ)が違和感ありますが…

ユニフォームがあるわけではないので、普段着でもプレー可能で違和感ないでしょう。

快適にプレーできる専用ウエアを

速乾性の素材を使ったウエアは、ゴルフプレー中に意外に汗をかくことを実感させてくれます。

ところが、ビジネスウエアのポロシャツ、パンツとゴルフウエアは違い、汗をかいたときの着心地が大きく異なります。

速乾性の素材を使ったウエアは、ゴルフプレー中に意外に汗をかくことを実感させてくれます。

汗をかいた時にウエアにまとわりつくような素材だとスイングに影響が出ることや、汗ジミが出やすい素材だとカッコ悪いですよね。

夏は絶対に専用のゴルフウエアをおすすめします。

また、パンツ裾はバンカー砂や朝露などで汚れることが多く、ゴルフウエアは汚れが落ちやすい素材を使用してます。

ラウンド中の寒さ対策は万全に

冬の寒さ対策を忘れるとプレーどころではなくなり、せっかくのラウンドが台無しになります。

ネックウォーマーは体感温度を上げてくれて、スイングに邪魔になることもないので秋以降は必ずゴルフバッグに入れておきたいものです。

インナーウエアもゴルフには最適なアイテムで、ラウンド中の体感温度を上げてくれますので上下セットを用意しておきましょう。

腰や腹部にカイロを貼っておくと体感温度が上がり、冬の寒さ対策には必需品です。

雨の日はゴルフしないという方でも用意して欲しいのがレインウエアです。

突然ゲリラ豪雨やにわか雨が降ったり、急に冷え込みや冷風が吹くときに一枚着たい時にもレインウエアは活用できます。

雨対策も万全にしているゴルファーはマナーよく見えるものです。

その他のゴルフギア

ゴルフの眼の紫外線対策としてサングラスは必需品です。

眼の紫外線対策としてサングラスは必需品です。

4時間以上も屋外で過ごすことになるので、眼が受ける負担もかなり大きいので用意したいです。

眼鏡も同様ですが強風時に眼を開けていられるので良いですよね。

ゴルフ初心者だからと遠慮する必要はありません。

私はいつも持って行きますが、保温タイプの水筒がおすすめです。

冬は暖かいコーヒーを入れて、夏は氷水を入れて持って行きますが、4~5時間経っても保温されてて重宝します。

前の組を待つときなど、ホール間で一息つくときにおススメです。

まとめ

ゴルフはスポーツですが、服装にマナーがあり知らないと恥をかくことになります。

海外なら国により少し事情が違いますが、日本国内は独特のゴルフ文化があり、そのマナーが存在してます。

ゴルフ初心者は違和感を感じる服装マナーもあると思いますが、知っておいてからゴルフ場に行くことをおすすめします。

ゴルフの専用ウエアは一見ビジネスウエアに似ていて、仕事着でもいいじゃないか?と思われがちですが、素材やつくりがよく研究されています。

それほど激しい動きがないゴルフですが、4時間以上も屋外を歩きながら考えてスイングしていくスポーツなのです。

快適なプレーを望むなら、専用ウエアを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました