パー3での大たたきにご注意

初心者がショートホールを迎えると、150ヤードなど距離が短いので、安心しがちです。

ドライバーの調子が悪くて左右に曲がっている日でも、ようやく落ち着いてティショットできます。

しかし、プレーの流れも変えることができるショートホールは、打つ打数が少ない訳で、大たたきにもなりやすいのです。

池やOBが多いショートホール

池やOBが多いショートホール

ゴルフコースの設計者はPAR3のショートホールに大きな罠を作ります。

第一打目に池や崖が眼に入るようにしたり、バンカーを見せてプレッシャーをかけるのです。

見えない場所にOBを設置したり、凄い受けグリーンで奥からは絶対寄らないように設計したりします。

初めて行くコースなら、第一打を打つ前によく観察して作戦を考えてください。

ティショット次第のショートホール

ティショット次第のショートホール

ショートホールは第一打目のティショットでスコアが大きく変わります。

ここまで散々なスコアでも、このティショットが成功すれば一発逆転で流れを大きく変えることができるのがショートホールなのです。

ティショットで池ポチャも考えられますし、ナイスオンしてバーディーパットもあり得ます。

第1打目のティショットが運命を左右するといえるので、今日の調子もふまえて一番自信のあるクラブで打つことが重要です。

100切りを目指す初心者は、何としてもOBや池ポチャを避けなければなりません。

時にはグリーンオンを狙わずに、セーフティーエリアをターゲットにして、2打目勝負の作戦に切り替えましょう。

軽視していると…

しかし、残念ながらありがちなのが、ショートホールで7(+4)とか8(+5)という致命的な大たたきです。

一般的に初心者はショートホールが好きです。

それはOBや林などがロングホールに比べて少なく、心理的にプレッシャーから解放されているのだと思います。

ところが、それが良い方向に作用する初心者と、そうでない初心者がいます。

のびのびショットできると結果が付いてくる方は良いのですが、ある程度緊張感が必要な方は、信じられないようなミスをして、一気にスコアを崩してしまいます。

ショートホールは打数が少ない分、一打に集中するように心がけましょう。

よくあるのがシャンク

シャンクの原因は、さまざまなアドバイスやレッスンが公開されてますが、上級者でもシャンクすることがあります。

シャンクはアイアンのネック部分にボールが当たるわけですが、突然シャンクすることも珍しくありません。

突然シャンクする原因は、シャンクしなかったそれまでと何かが変わったのです。

私の経験では、パー3のティショットで突然シャンクする方が多い感じがします。

シャンクを止めるには、ネック部分からトゥ(フェース先部分)寄りで打てばよい訳ですが、それだけインパクトがズレるのは、かなりショットが変わってます。

考えられるのが、力みや意気込みからくる、ヘッドアップやスイングが早いことなどです。

いつものリラックスした状態の自分のスイングができなくなっているのです。

似ているのが「バーディー直後のティショットは気をつけろ」です。

初心者PAR3攻略のまとめ、4打で上出来

100切りを目指す初心者は、ショートホールではボギーの4打を目標にします。

100切りを目指す初心者は、ショートホールではボギーの4打を目標にします。

2オン2パットで良いボギーなら作戦が変わります。

ティショットは2打目のアプローチの事だけを考え「打ちやすい花道はどこか?」「下りは避けたいので奥には行かないように…」など、あえてグリーンオンを狙わずに次打を意識してティショットすることが大切です。

時には「OBでなければOK」「池に入らなければヨシ」という目標も良いでしょう。

何が何でもグリーンオンを狙うと、大きな罠が待っているのがショートホールです。

ここでの大たたきはスコア的にもキツイですが、この先の精神的ダメージが大きく、避けなければなりません。

第一打のティショットを打つ前に作戦を考えて、しっかりと準備してからティグランドに向かうように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました