OB無しのダブルパーはダボにできたはず…

ティショットがOBなら+2なので難しいですが、池やバンカーが絡んでも+4のダブルパーは打たないように防がないといけません。

100を切りたい初心者ゴルファーは、1ラウンドに+4以上を3回やったら苦しいですよね。

計算上、一打100ヤード進んでいない

ダブルパーなら計算上、一打100ヤード進んでいない

PAR4のミドルホールでダブルパーの8ということは、グリーン周りからアプローチとパットで3打必要として、そこまで5打使ってます。

通常のレギュラーティのミドルホールは350~400ヤードなので、計算上は1打100ヤード進んでいません。

ティショットでドライバーを振り回して曲げてトラブルになることが主な原因でしょうが、一打を打つ前にこのことを意識しておくと、クラブ選択やミスの後の考え方が変わります。

スイングの問題だけでない

しっかり練習して動画を見てイメージトレーニングをして、準備は完ぺきでラウンドに臨んだのに何故いつも大たたきからスコアを崩してしまうのか?

「やっぱり、まだまだ練習が足りないなぁ」という初心者ゴルファーを見かけますが、それだけではないと思います。

大たたきしたホールを振り返るとき、100の壁で悩んでいる方は少し考え方を変えてみましょう。

初心者は打つ前に既にミスしている

大たたきしたホールを振り返って、こんな事がよく言われます。

  • なぜ、あの場面でウッドを持ってしまったのか…
  • パターを使えばあんなミス出なかった
  • 池を避けて左に打ったはず…
  • 林から脱出を優先させれば…

ショットのミスばかり悔やんでいると思いますが、スイングの問題だけではなくミスの原因は下記のとおりです。

  • その日の調子の判断
  • ホールマネジメント
  • クラブ選択

ショットする前に正しいジャッジをしてれば、さらなるミスをくい止めることができたでしょう。

一打でも少なく…努力しましたか?

うまくいかないホールで投げやりになり、早く次に行きたい気持ちはよくわかりますが、ストロークプレーの場合にスコアは18ホールの合計なので、大たたきしても一打でも少なくする努力をしなくてはなりません。

9→8や8→7にする努力をしましたか?

最後のパットが2mあっても「お先に!」と言ってはずす初心者は、100切りに時間がかかるでしょう。

苦しい状況から逃れたい気持ちはよく理解できますが、ピンチの時でも一打を大切にする努力が大事でホールアウト後に一打に後悔しないようプレーしましょう。

100打でホールアウトして「あと一打だった…」という初心者ゴルファーを何度も見てます。

大たたきでも一つ良いショットを思い出す

8や9のスコアを書き入れるときに、誰でも落胆と疲れがきます。

ホールを振り返ってタラレバの会話が多いのですが、大たたきしたホールでも何か一つでも良いショット、プレーを思い出すようにしましょう。

「林からの脱出ショットが芯くった」「ファーストパットの距離感が良かった」とか良いポイントだけをピックアップして、その時のフィーリングを思い出しておいてください。

大事なのは次の一打

大事なのは次のティショット

「ダブルパー以上の大たたきをしてしまったぁ…」と落ち込んで次ホールのティグランドを向かうあなたが絶対にやらなければならないことは、次打のティショットでトラブルにならないことです。

ナイスショット!は必要ありませんが、林入、チョロ、池ポチャ、ましてやOBは避ける準備が必要です。

100を切れない初心者は、トラブル後にズルズルとスコアを乱します。

次のホールが「ティショットが狭くてプレッシャーがあるな」とか「今日のドライバーの調子が悪い」ときには、思い切って7Iでティショットしてください。

キャディや同伴競技者のまわりの目は関係ありません!

⇒ゴルフ練習場に行くのにスコアが悪い初心者

コメント

タイトルとURLをコピーしました