ゴルフ初ラウンドの初心者はコレを意識しよう

ゴルフをはじめたばかりで、何をどう練習していいかわからない初心者がよくいます。

コースデビューは、まだまだ先と思っているのは間違いで、早めに一度ラウンドを経験することをおすすめします。

では、初心者がラウンドするときに気をつけておかなければならないことは何でしょうか?

ゴルフ初心者の初ラウンドはこれを守ろう

ゴルフ初心者の初ラウンドはこれを守ろう
コンペや競技ではないので、初心者はラウンドに慣れることが大切です。

OBは打ち直さない

「OBになったらどうしよう…」不安になっている初心者ゴルファーをよく見かけます。

公式戦でない限り、2019年のルール改正で打ち直しせずに前進4打目でプレーできます。

ボールを探したり暫定球を打ったりと同伴者のストレスになり、迷惑をかけることにつながります。

プレー進行遅れの可能性もあり、初心者がOBを打った時はプレーイングフォー(前進4打目)でプレーしましょう。

ボール探しは早めに切り上げる

初心者は一日に何度もボール探しすることになるので早めにあきらめましょう。

林に打ち込んだり、OB付近にボールが行ってしまったらボール探しで同伴者に迷惑をかけます。

初心者は一日に何度もそんな状況になるので、ボール探しは早めにあきらめましょう。

高価なボールを使わなければよくて初心者はロストボールからゴルフを始めるものです。

1個のボールを惜しまずに、楽しいラウンドを大切にすることが上達のコツです。

隣のホールからは、まずコース復帰を

隣のホールに打ち込みリカバリーショットするときは、とりあえず現ホールに復帰することを優先しましょう。

グリーン方向を狙ったり、ショートカットしようとしてさらにトラブルになることがあります。

進行が遅れることになり、スコアも乱すでしょう。

まず、現ホールに戻ってくることが最優先でナイスアウトを。

バンカーは無しでもいい

2~3打バンカーショットしても出なかったり、出す自信がなければバンカー外からプレー再開しましょう。
自信がなければバンカー外からプレー再開しましょう。

バンカーショットが不得意な初心者は多いです。

何度打っても出ないと同伴者も心配になります。

2~3打バンカーショットしても出なかったり、出す自信がなければバンカー外からプレー再開しましょう。

これも進行遅れを防ぐ狙いで、2019年のルール改正でペナルティを払えば認められることになりました。

ぜひ活用してラウンドを楽しくしましょう。

30ヤード以内は何としてもグリーンオンする!

アプローチで行ったり来たりがスコアを崩す原因です。

初心者ゴルファーは、グリーン周りが最も重要なのです。そのホールのスコアは増えて大たたきになりますし、落胆でその後のプレーに影響します。

30ヤード以内は何としてもオンする!これが100切に絶対必要なことで、上手なゴルファーとラウンドしても迷惑にならない方法です。

ロングパットの距離感に集中

上りか下りかを判断できたら、曲がりは無視してタッチに集中するのです。

ファーストパット、ロングパットの距離感を合わせることに集中しましょう。

初心者はスライスかフックか曲がるラインを気にしすぎてミスする傾向が強いです。

なので、上りか下りかを判断できたら、曲がりは無視してタッチに集中するのです。

タッチが合ってくるとセカンドパットは大体2~3mなので、2パットフィニッシュのチャンスがあります。

ロングパットの距離感が合うとアプローチの距離感も合ってきます。

やっぱり初心者はラウンドしよう

ゴルフ練習場であれこれ考えているのも良いですが、早くスコアを縮めるには多くのラウンドをして経験を積むことです。

自然が相手のゴルフは経験値がスコアに影響します。

いくら完璧なスイングをしてもスコアにつながらないこともあり、様々な条件でスコアを安定させるには経験値が必要です。

人工芝マットと本物の芝では、同じスイングをしても結果が異なります。

120を切るまではスコアはどうでもいい…

初心者のスコアは130でも140でも大差ありません。

120以上のスコアを数えるだけ無駄で、初心者はラウンドの流れや進行を妨げないようなコツをつかみましょう。

進行を遅らせない初心者ゴルファーは、同伴する上級者も気にならないので、きっとまた誘ってくれます。

上級者のプレーを間近で見れる分、上達の可能性が上がります。

スコアは120を切ったあたりからカウントするようにして、それまではラウンドの流れにのる努力が必要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました