初心者でもライバルにスコアで勝ちたい!

ゴルフはコースを攻略して一打でも縮めてホールアウトする競技で、ライバルの○○君に勝つ事や競技やコンペ順位の勝負ではなく、戦う相手はコースであることを今一度理解しましょう。

いつも帳尻があってしまう…とか、スコアを数えて意識すると大たたき…という初心者はプレーとは別の事を考えていて、コースと戦っていません。

1ホール、一打に集中して積み重ねた結果が合計スコアになるのです。

ライバルに勝つには

ライバルに勝つには?

ゴルフにライバルが居ることは、楽しいことで上達できる早道です。

実力に差があっても、ハンデで修正したネットスコアでライバル関係になるも良いでしょうね。

当たり前ですが、ライバルより良いスコアを記録するしかありません。

そのためにはコースを攻略するしかありません。

それには1ホールずつスコアを積み重ねるしかありません。

結果、次の一打に集中するしかないのです。

人を見ず、コースを見る

テニスや野球など相手プレイヤーを研究して勝負する競技ではないので、ライバルを研究しても意味がないです。

ハンデが存在するのも対人競技ではない理由の一つですね。

ゴルフはいつもコースを攻略する姿勢が大事です。

好スコアを出すにはコース状態やレイアウト、天候などをチェックして、自分のコンディションを見極めなくてはなりません。

ベストを尽くして負ければしょうがない

悪天候や厳しいセッティングはライバルも同じ条件です。

苦しい時に、あきらめないでクサらないでプレーすることが、よく言われる「自分に勝つ」ことです。

一打一打の状況判断しコース攻略の結果、ベストを尽くしたスコアで負けた時は、素直に負けを認めるべきでしょう。

「たら、れば」は結果論で意味のない議論になります。

ただし、次回に来た時のコース攻略になるのなら必要な情報交換になります。

ベストを尽くしたショットがミスだったときは、それが実力なので、次の機会に改善できるように努力しましょう。

いつも帳尻が合う初心者

ハーフターンして昼食時にベストスコアの話で盛り上がったのに、後半スタートしてボロボロ、あるいは最後の3ホールで結局いつもと同じ110打、よくある話です。

なぜ、ゴルフ初心者はこうなるのか?

練習だけでは克服できないのではないか?

お悩みの初心者ゴルファーが多いと思いますのでアドバイスします。

パーを獲ったら連続をめざす!

初心者が突然パーを獲ると盛り上がり、冗談や冷やかしも言われ、パーティが笑いに包まれプレーの楽しさが倍増します。

しかし、ゴルフ初心者の心理は人知れず二通りに分かれます。

攻める派と守る派です。

攻める派は、力み、意気込み過ぎでミスし、守る派は恐れすぎていつもと同じ動作ができず、やはりミスします。

圧倒的に初心者には守る派が多いのですが、これがダメで100切りを目指すには結果がどうあれ攻めましょう。

パーを獲ったら連続を目指すくらいの気持ちでプレーし続け、グリップが硬くならないようにと、肩に力が入り過ぎないようにだけ注意してください。

数ラウンド失敗するかもしれません。

もし、2連続パーだったら3連続を目指してください。

守って失敗し続けているだけでは、ベストスコアの更新が達成できません。

スコア72を狙う

100切りが目標の初心者がベストスコアが出ない原因に、バーディを獲ってからスコアを乱す人がいます。

これは自分ではデキすぎだと勝手に決めつけ、リズムを崩しているのです。

ほとんどの初心者は、守りに入るのです。

「何とかこの貯金(バーディ)を持ったままホールアウトしたい」のが人情ですが、メンタルが重要なゴルフではそれを許してくれません。

貯金は使い果たしても良いので、ゴルフのスコアはあくまでも72を目指すべきです。

可不可でなく、目標は72ということを常に意識しましょう!

スコアで勝てない原因は?

スコアで勝てない原因は?

スコアを乱さないためには”大たたき”を防がないといけません。

どうしていつも大たたきを…

目先の一打に集中できなくなるのが、ゴルフの大たたきの原因です。

状況はさまざまなのですが、次の一打の「計画」「実行」が間違えているのです。

プレー中は焦っていたりイラついていたりしますが、ゴルフは自分で何とかしなければならない競技です。

イヤな流れを踏みとどまったり、しのいだりするコツは、うまく集中することです。

集中するには小さな目標を

このホールのスコアやトータルスコアを数え出すことよりも、今の一打に集中が必要です。

そのためには「小さな目標」を設定しつづける癖をつけると良いです。

私が100切りゴルファーの頃に心がけていたことはこんなことです。

  • 3パットしても連続はしない
  • 狭いホールのティショットはアイアンでナイスショットする
  • 右側OBのアイアンショットはダフり気味
  • クロスバンカーではダフらない
  • バンカーは1打で出す

これらは実践的で最低限のクリア目標としてアドレスに入れます。

スーパーショットはこの延長上にあり、小さな目標をクリアするために集中し、達成したら心の中で自分を褒めるのです。

まとめ

初心者でもライバルにスコアで勝ちたい!

ライバルの存在はプレーに緊張感を与え、楽しませてくれます。

お互いにベストスコア同士だったりしたら、対人競技ではないゴルフは、勝負がついてもすがすがしさを感じさせてくれます。

セルフカートプレーが主流になった最近では、オンラインでスコア集計されていて、コンペなどでリアルタイムで表示されます。

多くのゴルファーはライバルのスコアが気になり、自分のプレーに集中できなくなり乱れてしまいます。

「いつも帳尻が合う」と嘆く初心者は、ライバルを見過ぎてトータルスコアを意識しすぎてます。

合計スコアを意識していてもいいのですが、大切なのはこのホールであり、次の一打に全力を注入しましょう。

その意識が欠けているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました