初心者が池ポチャでもスコアを崩さない方法

振り返って大たたきのホールを分析したら、池ポチャが絡んでいることはありませんか?

スコアに直結するのは、アプローチの”行ったり来たり”や”3パット4パット”です。

ウォーターハザードはただの+1(打った1もある)なので、100を切るのが目標のプレイヤーには、それほど影響がないはずです。

異常なまでに池に反応する

異常なまでに池に反応する初心者ゴルファー

池に入れる事を恐れている人は、どんなことを怖がっているのでしょうか?

  • 打ち直しでも池ポチャでスパイラルに陥りそう
  • ボールが残り少ない
  • 見られると恥ずかしいミス

ホールを横断しているクリーク(川)越えや池越えは、トップやチョロで転がってしまうと何度も打ち直ししなければなりません。

初心者でない限り、練習場で連続して2回も3回もチョロするでしょうか?

練習と同じスイングではない

初心者の池ポチャ原因は練習と同じスイングではないこと

連続して池に打ち込むのは、練習場で打っている時と違い、通常の精神状態でスイングできていないのがあきらかです。

練習場でのスイングをするためにはどうするかを考えましょう。

池が怖いので結果が気になり、ヘッドアップ、タイミングが早い、アドレスがいつもと違うなど、初心者により様々な原因があります。

ボールが足りないのが不安なら、キャディバッグが少し重いですが20個ぐらい持っていけばOKで、私もいまだに1Rで7~8個なくすことがあります…。

「池ポチャは恥ずかしくて、迷惑をかける」と勘違いする人がいますが、OB付近で球を探したり、OBのように打ち直しに戻ったり(ローカルルール除く)しなくてよく、進行が遅れたりしないので、見ている同伴競技者は意外と気楽です。

池ポチャを避けてOB

池ポチャはウォーターハザードで、原則的に+1打で池に入った地点まですすめます。

なのに、右側がOB、左側は池という状況で、池を避けて右側のOBに打ち込む人がいますが、OBだと+2で元の位置から打ち直しで、池なら同じ+2ですが入った地点まですすめます。

OBの方がスコアに良いということはあり得ないのですが、たまにそんな人を見かけます。

もっと最悪なのが、OBの後の打ち直しで池ポチャ、もう大変ですね…。

助かった!と思ったら結局池ポチャする人へ

初心者が池ポチャでもスコアを崩さない方法

思いがけずボールが池に向かってしまい「危なかったー」と走って行って、ボールの無事を確認し安堵するプレイヤー。

次打で結局池へ…。

見たことがあると思います。

  • 「次、入りそう」疑心暗鬼になっている
  • ミスした一打が気になっている
  • 周りの目が気になっている

助かったからなのか、焦って精神状態が普通でなかったのか、無事で意気込んで力んでしまったのかわかりませんが、次打が通常のストロークでなかったことは確かです。

初心者の”結局…”を防ぐ方法

初心者ゴルファーのメンタル面でのミスを防止する方法は、ボールが無事だった時の受け止め方によって異なります。

  • 池ではなくラッキーだったから次が入ってもいいや…
  • このチャンスを活かしてボギーであがろう!
  • 今日は幸運なのでもう池には入らないだろう。

考え方で受け止めたプレイヤーの精神状態が変化しますが、これこそが”結局池ポチャ”を防ぐ方法なのです。

初心者がスコアを数えるときは池ポチャ無視

初心者がスコアを数えるときは池ポチャ無視

池に入れて動揺していてスコアを数えることが困難になっていて、プレーに全然集中できない人がいます。

ウォーターハザードの計算は簡単で、池に入れた回数だけ覚えておいて、通常のスコアカウントをしてホールアウト後に池ポチャ回数を加算すればいいだけです。

例)打った回数(池へのショットも含)+池に入った回数

ただでさえ池で動揺しているのにスコアカウントに熱心になりすぎて、さらなるトラブルに見舞われることがありますので、ホールアウトまでスコアは忘れてプレーに集中しましょう。

池ポチャをホールアウトまで忘れてしまうくらいプレーに集中し、トラブルホールの傷を最小限にとどめることがスコアアップの秘訣です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました