スコアアップや上達のカギ?バーディー直後のティショット

初心者がバーディーで盛り上がるホール間移動の時、きっとスコアの事もいろいろ考えていることでしょう。

しかし、残念ながら、オナーとなり一番最初にティグランドに立つ初心者がナイスショットするのを見たことはほとんどありません。

しかも、こんな時に林入、OBなど、かなり大きなミスになることがあります。

気負いなのか、リキみなのかわかりませんが、心理的に何かが作用していることは確かです。

守りに入るのか、欲なのか

バーディーをとった後のゴルファーの心理は二つに分かれます。
次ホールを攻めるか守るか?

見事にバーディーをとった後のゴルファーの心理は二つに分かれます。

せっかくとったバーディーを守りたい!

せっかくとったバーディーを守りたい!

本当に気持ちがよくわかりますが、どんな競技も攻め続けないと結果がでません。

スイングが小さくなりタイミングが狂うことでミスショットが連発します。

スコアをまとめようと守りにいくと、いつものスイングができなくなるのです。

小さな動作のパットスイングですら正常に打てません。

勢いづいて…

バーディーをとったことでティグランドに力強く上がっていくゴルファー

バーディーをとったことでティグランドに力強く上がっていくタイプです。

リキみでスイングが早くなり、ダフリトップ等びっくりするくらいのミスショットが出たりする方です。

欲深いゴルファーでリキみが原因となりミスするケースですが、守りに入るより上達が望めます。

攻めながら守るには?

では、バーディー直後のティショットを無難にクリアするにはどうしたらよいのでしょうか?

同伴者からイジられたりして、いつもの精神状態では打てません。

心がけることは「いつものスイングをすること」だけに集中しましょう。

頭の中に練習場でも前ホールでもいいので自分の打った時の映像を思い出してなぞるようにスイングするのです。

プレッシャーがかかる場面では、グリップを強く握ったり肩に力が入らないように、腹筋や下半身に最初から力を入れておきます。

スイングの「ユルみ」は禁物で、私がプレッシャーがかかる場面では、グリップを強く握ったり肩に力が入らないように、腹筋や下半身に最初から力を入れておきます。

当然、ハーフスイングにならず振り切ることが必要になってきます。

初心者ゴルファーが連続バーディの可能性

100切りゴルファーの心理がいつも通りではない状態で、連続バーディの可能性は極限まで低いでしょう。

でも、もしパーやボギーであっても上出来で、その後のホールマネジメントが大きく変わります。

ティショットさえ成功すると…

バーディー直後のティショットが無難にフェアウェイをとらえたゴルファーは、その後のスコアは安定していくことが多いです。

セカンドショット、サードショットでミスが出ることもありますが、ティショットほどのプレッシャーはないはずです。

それほど初心者ゴルファーにとってバーディー直後のティショットは、スコアアップに向けて大事なのです。

やはり”リキみ”が出てしまう

ミスのほとんどが「早い」「強い」スイングになりいつもと違って安定しません。

しかし、狙いに行く姿勢が悪いのかというとそうではなく、スイングに”リキみ”が出ることがいけないのです。

満足してしまったり遠慮しすぎる人も結果はよくありません。

前のホールのバーディを忘れるようにして貪欲に攻め続ける姿勢が必要で、プロもアマもレベルに関係なく必要なことになります。

グリーン上で攻めることができたか?

バーディの次ホールのパッティングはどうでしたか?

3パットだとしてもしっかりと強めに打ててたでしょうか?

パッティングに攻め守りの姿勢が出るときもあるので、思い返してみるのがおすすめです。

100きりレベルでもバーディを目指そう

スコアがボギー、ダボペースの初心者ゴルファーでも、ティショットが成功したらバーディーを目指しましょう。

パーとは違いバーディーは獲りにいかないと獲得できません。

セカンドショットはピンに向かわないといけないですし、パッティングは届かないのではバーディーは獲れません。

ティショットはフェアウェイが一番バーディーに近い

ティショットはフェアウェイが一番バーディーに近い

距離が短めのロングホールのティグランドで「よし、このホールバーディ獲る!」という人は要注意です。

飛ばして少しでも近くからセカンドショットを打つことはバーディ獲得のためのアドバンテージになりますが、絶対やってはいけないことはティショットのミスです。

ティショットでOBや池は論外ですが、林やクロスバンカーに入るとほぼバーディの可能性がなくなります。

距離が出てなくてもフェアウェイキープがバーディの可能性を高めてくれます。

スコアアップには攻める姿勢が大切

ティショットで”前のめり”にならないことは理解いただけたと思いますが、攻める姿勢がスコアアップにつながります。

3パットしたとしてもカップオーバーしてるか?スイングにゆるみがなかったか?逃げるコースマネジメントしてないか?などと、いつもどおりにコース攻略できているかが大切です。

まさに自分との闘いですね…。

初心者ゴルファーでもバーディーは無縁ではないのです。

18ホールあるので必ずチャンスが来ます。

その時にどうプレーするか、バーディーを獲った後、どうマネジメントするかを考えておくことがスコアアップに重要なのです。

⇒ライバルにスコアで勝ちたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました